行政書士の資格って難しいの?

行政書士と言う仕事に就きたいと思っていても、資格を持っていなくては働くことはできません。その資格と言うのは、国家資格となり、年に一回の国家試験をパスするということが条件となります。これは、秋に全国一斉で行われるテストとなります。何度もあるわけではないので、そこにかけて計画的に勉強していくということが大事なこととなります。
今年度の試験までに勉強が追い付かないと思うのであれば、来年の秋の試験に向けて照準を合わせて勉強していかなくてはなりません。

また、家にいる時間が多く、勉強に徹する時間が十分に取れるという人であれば今年度の試験に間に合うかもしれません。個々の勉強速度や理解速度、勉強に取ることができる時間などを計算して、うまく試験を迎えたいものですね。
資格試験に合格する近道として考えられるのは、大学の法学部で勉強するという方法が一つ、その他、家庭教師だったり、資格試験の指導をしている塾などに通って勉強する方法、独学で家で勉強する方法などがあります。大学で学ぶことができれば理想的ですが、誰もがそういったわけにはいきません。仕事をしながら、忙しい中で時間を作って勉強する方もたくさんいらっしゃることでしょう。
資格スクールなどで勉強するというのも良い方法の一つです。塾の特色によって、いろいろな指導方法がありますので、自分に合ったところを見つけるというのは大変なことですが、それなりにお金もかかってきてしまいますから、家計や勉強方法など、いろいろと考慮したうえで決めるのが良いのではないでしょうか。
⇒行政書士試験の難易度を検証しよう!

行政書士と言う仕事のやりがい

行政書士って、どんな仕事をしている人なの?という風に疑問に思っている人はきっとたくさんいらっしゃるのではないでしょうか。実態がよくつかめないという印象もありますが、なんだか難しそうで、自分にはなれないのではないかと思ってしまう方も多いかもしれません。

行政書士と言うお仕事は、主に法律関連の仕事に関わっていると考えるとシンプルなのではないでしょうか。具体的に挙げていきますと、企業などの営業許可に関する事項、株式会社を作るにあたっての関連事項、不動産などといった土地の利用に関する事柄、そして交通事故の保険請求などのトラブルに関するところまで、いろいろな分野に関わってきます。正に法律のプロフェッショナルと言われる所以でもあります。
今挙げた事項以外にも、細かく列挙していけばキリがないと言えるほど、数多くの仕事がありますし、付随して発生してくる相談事なども含めますと、本当に多くのことを知識として知っておかなくてはなりません。

しかも、単なる知識の蓄えではなくて、応用して使えるようになっているということも重要なポイントであり、相談者とのコミュニケーションの中で、わかりやすく説明したり、説得していったりするという能力も必要となってきますね。資格を取る際には、暗記するということ以上に、応用してやっていけるかを考えることも大事です。覚えることはたくさんありますが、やりがいはぞんぶんにある仕事だと言えるのではないでしょうか。

行政書士は法律のプロフェッショナル

行政書士と言う職業を選ぶ際には、やはり法律という二文字が付きまとってきます。法律に関して詳しい職業と言えば、弁護士さんや裁判官、検察官などが思い浮かぶのではないでしょうか。行政書士と言う仕事でも、法律が関わってきますから、色々と法について知識を付けていく必要があります。
国家資格として認定されている資格だけに、そこに合格するのは大変なことだとも言われています。なかなか、軽い気持ちで受験して、簡単に合格できるような資格ではないので、大変難しいものですね。しかしながら、行政書士と言う資格を持っていることによって、資格がない人には扱えないような重要な書類を扱うことができたりします。仕事の範囲も広がってきますし、それだけ重宝されるということにもなります。
行政書士は、業務独占資格という言われ方もしています。
行政書士の資格を取ることができると、議員さんがつけているようなバッジをつけることができます。このバッジは、花びらの模様の真ん中に、行政書士の、行という字が刻まれているデザインとなっています。資格をとってこのバッジをつけることができたら、誇らしい気持ちになるのではないでしょうか。国民と行政をつないでいこうといった意味合いも込められているそうですので、誇りある素晴らしい資格であるということが分かってもらえるのではないでしょうか。
難しい資格ではありますが、合格のために頑張っていきたいですね。

行政書士になるための勉強法

行政書士と言う職業に就こうと思うと、やはり資格を取得するところから始めなくてはいけませんよね。その資格取得が大変なところなのですが、合格できるための勉強法を考えて、努力しなくてはいけません。
ではどういったところに重点をおいて、勉強していったら良いのでしょうか。
行政書士の勉強の中で大切なのが、やはり法律の知識です。法律はご存じのとおり、今現在施行されているものだけを考えても、ものすごい量になります。これをすべて頭の中に入れようと思うと至難の業ですね。また、法律と言うのは頻繁に改正されてしまいますので、覚えなおすという作業も大切になってきます。古い知識をそのまま覚えていて、ずっと使えると思っていてはいけませんので、一度覚えたからと言って、それにしがみついていてはいけません。
ですから、そういった法律の覚え方を効率よくして勉強していくということも大切な学習法になります。
法律を覚えたら、過去問などの問題集をやってみると力がついてくるでしょう。過去問の教材もたくさん書店に並んでいるので、自分に合ったものを選ぶのが良いのではないでしょうか。解説の分量がたっぷりととってあって、自分の間違えた問題についても、納得のいく説明がしてあると、理解していきやすいです。
行政書士の試験は難関だと言われていますが、やはりコツコツと勉強していくことが最もダイなことなのではないでしょうか。勉強しやすい教材を見つけて、毎日少しずつ頑張っていきましょう。

行政書士とはどんな仕事?

みなさんは、行政書士と言う言葉を聞いて、どんな仕事をイメージされるでしょうか。法律関係を操っている、偉い人たちの仕事というイメージを持たれている人もたくさんいらっしゃるのではないでしょうか。字面だけ見ると、とっつきにくいようなイメージもありますが、具体的にはどういったお仕事なのでしょうか。
よく、税理士だとか、弁護士だとか、士という言葉がつくお仕事を目にする機会があるのではないでしょうか。そういった仕事に就いている人のことをまとめて士業などと言ったりするのですが、簡単に言いますと、身の回りに起こってしまう問題にして解決してくれたり、書類を作成する作業などを代行してやってくれる人、ということになります。素人では、難しい書類の作成方法もわかりませんし、作成の権限がないというものもあります。
専門的な問題の解決においても、やはり法律などの細やかな知識を持った人でないと理解できない部分も多々ありますから、そういった時に頼れるというのは大事なことですね。
先ほどもふれたとおり、行政書士の仕事内容には、各種書類の作成代行と言うものがあり、役所などに提出しなくてはならない書類を造ったりすることが主な仕事内容となります。そのほか、書類作成等について、いろいろな相談を受けるという業務もあります。
法律のことをしっかりと勉強していなくてはわからない問題というのが身近にはあふれています。行政書士はそういったみなさんの相談事に細やかに応えられるように、日々勉強していかなくてはなりません。